スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民が知らない日本とインドの友好関係

インド総選挙 与党連合が圧勝 シン首相続投へ(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090516/asi0905162355018-n1.htm

【ニューデリー=田北真樹子】7億人を超す世界最多の有権者を抱えるインドで16日、下院(定数545)選挙の開票が一斉に行われ、国民会議派率いる与党連合が約260議席を獲得して圧勝した。2004年から政権を担うマンモハン・シン首相(76)の続投は確実で、“ネール・ガンジー王朝”の後継者として選挙戦を勝利に導いたラフル・ガンジー国民会議派幹事長(38)も、将来の首相候補としての地位を不動のものとした。

 シン首相は同日、「われわれの政党に信頼を寄せてくれた国民に感謝する」と勝利宣言した。ラフル氏の新政権での処遇については「彼の入閣は私の希望でもあるが、彼を説得しなければならない」と語った。

(後略)



シン首相と日本の関係

インド、というともしかしたら、多くの日本人の中ではあまり存在感が濃いとは言えないのかもしれません。しかし、最近の日本とインドの関係は非常に良好と言えましょう。

----
日印首脳会談、安保共同宣言に署名(MSN産経ニュース)

日印安保・麻生首相とシン首相


麻生太郎首相は22日、首相官邸でインドのシン首相と会談し、安全保障分野の協力を強化する日印安全保障協力共同宣言に署名した。両国の外相、防衛相間の対話や、海上自衛隊とインド海軍の交流、テロ対策の協議などを進め、具体的な行動計画を早期に策定することで合意した。日本が、米国以外に安全保障分野でこうした協力関係を結ぶのはオーストラリアに次いで2例目となる。

(後略)

----
歴史の長さ、発展状況、軍事力、それらすべてが中国に並ぶ、アジアの大国インド。
そのインドと日本は、日本とアメリカとの関係と同じ強さで結ばれているのです。
この重要性について、産経が詳しく説明してくれています。

【主張】日印首脳会談 「最大の民主国」と連携を

日本が米国以外の国と安保協力を宣言するのは、日豪安保協力共同宣言(昨年3月)以来2カ国目だ。中国とともにアジアで台頭を続けるインドと戦略的重要性を認め合う意義がある。

 とくに首脳の年次訪問や外務・防衛・エネルギーの閣僚対話などの枠組みを通じ、シーレーンの安全、テロ対策、平和構築などの分野で恒常的な協力体制ができたことは今後の重要な成果だ。

 人口11億人のインドは「世界最大の民主主義国」とも呼ばれ、政治体制、文化、市場経済などの面でも日本人になじみやすい。同時に発表された共同声明は「基本的な価値と利益の共有」を掲げ、地域と世界で日印のグローバルな協力を促進するとしている。

(中略)

日印関係は2000年の森喜朗元首相訪印以後、3年前の小泉純一郎、昨年夏の安倍晋三の首相訪問(当時)を経て深まった。麻生首相も外相時代の「自由と繁栄の弧」構想などで日米同盟と豪印の4カ国の連携を志向してきた。

 日米、日豪、日印の連携は、アジア太平洋地域の平和、安全、繁栄をめざした重層的な協調と協力の輪がインド洋にも広がっていくことを意味するものだ。

 中国はこうした方向を警戒するかもしれないが、日印首脳は共同会見で「第三国を狙ったものではない」と強調している。中国も無用な疑念を持つことなく、むしろ民主主義国同士ならではの協調の広がりにならってほしい。

----

当サイトや本家『国民が知らない反日の実態』、またはこれらと同じ類の情報サイト、ブログ、書籍等をご覧の皆さんなら、中国や南北朝鮮の動向を常に警戒し、不安に思われていることでしょう。実際、とても危険な状態にあるのは確かです。しかしながら日本政府はちゃんと対策を考え、実行してきたのですね。
日印安保を宣言してくれたシン首相の続投とは、日本とインドが近年温めてきた友好関係が今後も変わらず続いていくということなのです。
非常に喜ばしいことです。



頼れる親日国・インド

博士の独り言様より

(前略)

ご存知の方は少なくないことと思うが、同国の世論調査では、好きな国の第1位が絶えず「日本」であった。また、同国の国会では、広島、長崎のそれぞれの原爆投下の日には黙祷が捧げられている。その所以は、どこにあるかといえば、先人の功績にある。日本は、インドにおける独立軍結成と独立政府の樹立を支援し、同国は、17世紀以来、200年にもわたる英国の植民地支配から脱したのであった。

(中略)

インドは、大切にすべき親日友好国であり、日本の生き証人でもある。また、特定国の軍拡脅威に歯止めをなし得る存在でもある。この信義と寛容を重んずる同国との友好を深め、共栄をなすことが、ひいては、アジアの真の安定と発展に寄与することは間違いない。どこかの国のメディアは、友好を強調する相手を間違ってはならないのである

(後略)


先人の功績』を表す事例:
インドで歌い継がれる日本兵を称える歌



『日本兵士を讃える歌』
一.
父祖の時代(とき)より今日の日まで
美しきマパオの村よ
いい知れぬ喜びと平和(やすらぎ)
永遠に忘れまし

美しきマパオの丘に
日本兵来り 戦えり
インパールの街目指して
願い果たせず
空しく去れり

二.
日本兵
マパオの丘に来る
それは四日の火曜日
一九四四年のことなりき
我は忘れじ四月のあの日

三.
罪無き民も散り散りに
西に東に追いやられ
再び神の恵み受け
集り住まん
この地マパオに

四.
広島の悲報
勇者の胸をつらぬき
涙して去れる
日本の兵士よ
なべて無事なる帰国を
われ祈りてやまず



貴重な親日国・インドと日本のさらなる友好のためにも、
ますます多くの日本人が正しい歴史を学ぶことが求められています。
日本のためだけではありません。

すべての親日国の名誉のためでもあるのです。
スポンサーサイト

国民が知らない中国による日本の水源地買収

対馬の土地を買収によって侵略する韓国に続き、中国が日本の水源地を買収し始めています。



中国資本が日本の水源地を買収 危機感強める林野庁、調査開始(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090512/biz0905122342041-n1.htm

中国資本が触手を伸ばした水源林

中国の企業が西日本を中心に全国各地の水源地を大規模に買収しようとする動きが、昨年から活発化していることが12日、林業関係者への取材で分かった。逼迫(ひっぱく)する本国の水需要を満たすために、日本の水源地を物色しているとみられる。

 買収話が持ち掛けられた地元自治体などが慎重姿勢を示しているため、これまでに売買交渉が成立したり、実際に契約締結に至ったりしたケースはないというが、外国資本の森林買収による影響が未知数なことから、林野庁は都道府県に対して一斉調査を始めるなど危機感を強めている

 奈良県境に近い山あいにある三重県大台町。昨年1月ごろ中国の企業関係者が町を訪れた。水源地となっている宮川ダム湖北を視察した上で、「いい木があるので立木と土地を買いたい」と湖北一帯の私有地約1000ヘクタールの買収を町に仲介してほしいと持ち掛けた。また約3年前には、別の中国人の男性から町に電話があり、同じ地域の水源地の買収話があったという。

 町は「本来の水源林として残してもらいたい。開発はしないでほしい」と相手側に伝えると、それ以降交渉はなくなり連絡は取れなくなったという。

 水源地の立木は、原生林を伐採した後に植林した二次林で、「よい木材」とは考えられず、土地も急斜面で伐採後の木材の運び出しに多額の費用がかかるため、同町産業室の担当者は「木ではなく地下に貯まっている水が目的ではないか」と分析する。

 また、長野県天龍村には昨年6月、東京の男性が訪れ「知り合いの中国人が日本の緑資源を買いたがっている。今の山の値段はいくらか」と持ちかけてきた。同村森林組合の担当者が実際に山のふもとまで案内し、森林の現状を説明した。

担当者によると、この男性は「今の市場価格の10倍の金を出す」と強気の姿勢を見せた。しかし、これまで村には外国資本が買収交渉を持ちかけた例がなかったため、担当者は「隣接の所有者がOKするかわからない」と難色を示すと、その後、話が持ちかけられることはなくなったという。

 このほかにも、岡山県真庭市の森林組合にも昨年秋、中国から水源林を伐採した製材の買収話が持ちかけられ、その後も交渉が継続している。

 林野庁によると、昨年6月、「中国を中心とした外国資本が森林を買収してるのではないか」との情報が寄せられ始め、実態把握のため全国の都道府県に聞き取り調査を行ったという。

 これまでの調査では実際に売買契約が成立したケースはないが、同庁の森林整備部計画課の担当者は「現在の法制度では、万一、森林が売買されたとしても所有権の移転をすぐに把握する手段はない。森林の管理についても国が口を挟むことも難しい」と説明している。

 国際日本文化研究センターの安田喜憲教授(環境考古学)の話「ルール整備が不十分な中でこうした森林売買が進行すれば、国として自国の森林資源や水資源を管理することが困難になり、国土保全に大きな影響を受けることが予想される」

(後略)



中国が日本の水を奪おうとしています。
しかし、報じているのはごくわずかなメディアのみです。



◆中国の水管理意識の低さ

「三国志」撮影隊がロケ地の湖を汚染、住民30万人の飲用水に不安―浙江省永康市(Record China)
http://www.recordchina.co.jp/group/g30616.html

2009年4月19日、北京紙「北京晨報」の報道によると、テレビの大型連続時代劇「新・三国演義」が「赤壁の戦い」シーンの撮影で使用した浙江省のダムの貯水を著しく汚染し、これを知った同ダムの管理部門は撮影の即時停止と徹底清掃を命じたという。

浙江省永康市楊渓ダム管理局の黄興法(ホアン・シンファー)局長は「08年に同番組の制作担当者から、有名な『赤壁の戦い』のシーンで楊渓ダムを使用したいとの申し出があったが、同ダムは永興市最大のダムであり、住民30万人の飲み水を確保している貴重な水源であるため、これを断った」と話す。だが制作スタッフの再三にわたる要求と大型時代劇の影響力も考慮し、やむなく許可したという。その際、環境保護の保証金として2万元(約29万円)を納め、問題が発生した場合にはこの保証金を支払うことで合意した。

だが撮影期間中のダム周辺には、撮影スタッフが食事で使用した弁当箱や飲料水、アルコールのビンやボトル、糞便にいたるまであらゆるゴミが散乱。しかも撮影は深夜まで行われ、燃やされた船や燃料の焦げた匂いがあたりに充満し、ダムの水面には燃え尽きた黒い残がいが浮いているありさまだったという。

同番組撮影スタッフの明らかな違反行為に対し、ダム管理局はただちに保証金2万元を没収したうえで、新たに2万元の保証金を支払うよう要求。さらにダムの即時清掃と撮影停止を撮影スタッフに命じた。黄局長は「今後二度と同ダムをテレビや映画の撮影に使用させない」と話している。(翻訳・編集/本郷)



自国のダムをこのように平気で汚染する国に、私たちの美しい水源地を渡すわけにはまいりません。


上記の産経記事の一つのポイントとして注目していただきたいのは、『買収話が持ち掛けられた地元自治体などが慎重姿勢を示しているため、これまでに売買交渉が成立したり、実際に契約締結に至ったりしたケースはない』というくだり。
逆に言えば、
地元自治体が判断を誤れば、水源地は売り渡される可能性がある
ということです。何が言いたいのかというと、こういうことです。

外国人に地方参政権を与えるという民主党の党是は、非常に危険ということです。
皆さんなら、もうお気づき下さっていることでしょう。
例えば、中国人に地方参政権を与えてしまうと、「中国に日本の水源地を献上する」というおかしな案もすんなり通ってしまうようになるということなのですね。



ここで、先日民主党”新”代表に決まった鳩山由紀夫氏の名ゼリフを思い出してみましょう。



日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから。


いいえ、

国土は国民の所有物です。


日本の水源地を守るためには、日本人がしっかりしなければなりません。

国民が知らない秋篠宮ご夫妻欧州ご訪問

最初の投稿らしく、まずは明るいニュースから。


日本・ドナウ交流年で、秋篠宮ご夫妻が欧州訪問(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090511/erp0905112229009-n1.htm

秋篠宮ご夫妻欧州訪問


秋篠宮ご夫妻は11日、欧州のドナウ川流域4カ国の最初の訪問国となるオーストリアのウィーンで、同国のフィッシャー大統領夫妻と会談された。

 日本と4カ国は国交樹立の節目の年に当たる今年を「日本・ドナウ交流年2009」と位置付け、日本側は秋篠宮さまが名誉総裁に就任。各国では趣向を凝らした日本紹介のイベントが開かれる。

 日本とオーストリアは国交樹立から140年を迎え、秋篠宮ご夫妻はこの日、ウィーン市内や郊外の修道院を訪問。12日は同国を代表する作曲家ハイドンが暮らした東部のアイゼンシュタットなどを訪れる。

 日本はハンガリーとも国交樹立140年、ルーマニアとブルガリアとは国交再開50年を迎え、ご夫妻は各国で大統領らと会談する。日本関連のイベントは、現代日本陶磁器展(9月・ハンガリー)や琉球舞踏公演(11月・ルーマニア)などが開かれる。(共同)



日本が好きなだけなんだよ様より

世界中で連日報道される秋篠宮両殿下の欧州御訪問

YAHOO NEWS
http://news.yahoo.com/s/afp/20090511/wl_asia_afp/austriajapanroyalsdiplomacy

MSN NEWS
http://news.id.msn.com/regional/article.aspx?cp-documentid=3299814

FRANCE24(フランス)
http://www.france24.com/en/20090513-japanese-royals-arrive-visit-bulgaria

Bangkok Post(タイ)
http://www.bangkokpost.com/news/asia/143214/japanese-royals-arrive-for-visit-to-bulgaria

weyak(UAE)
http://www.weyak.ae/channels/news/article/view/lang/en/type/asia/id/1988265



オーストリア日本年:秋篠宮ご夫妻ドナウ川の旅 Die Presse紙 (原文 ドイツ語)
http://diepresse.com/home/leben/mensch/477989/index.do?direct=478252&_vl_backlink=/home/politik/478252/index.do&selChannel=
同ブログ様より)

(日本語訳)
秋篠宮殿下と紀子妃殿下がウィーンを訪ねて来ました。秋篠宮殿下は天皇陛下の2番目の息子で皇位継承者第二位 日本との外交開設140年を記念する幅広い交流行事の名誉総裁です。オーストリア大統領ともお会いになり、また両殿下は小学校等様々なオーストリアの土地を訪問します。紀子様はドイツ語がとても流暢です。

"秋篠宮"とは文仁と教授の娘である紀子との結婚で独立した宮家で皇太子である徳仁に次ぐ地位であり皇室では重要な立場です。鳥類や爬虫類などの研究をしており、またその一方では将来の皇位継承者の誕生という重要な役割を果たしました。2006年の9月に継承順位第3位の子供として生まれた悠仁です。そしてこの子のいとこである皇太子の娘7歳になる愛子はこのポジションから押し出されることとなりました。

兄弟の関係はこの頃にはもうおかしくなっていたようです。秋篠宮は長く皇太子徳仁の立場をフォローしてきましたが皇太子は記者会見で妻の雅子の皇室におけるストレスについて 不満を訴えるというあるまじき行為をしてしまいました。皇太子の仕事とは天皇を支えることなのです。「このような話をする前に陛下と議論すべきではなかったのか」秋篠宮は珍しく上の立場にある兄を非難しました。

それ以後、皇居の外では密かにこのような考えが広まっています。皇太子一家は避けられない最低限の場合以外は両親の住居に近寄らなくなり 天皇は孫娘(愛子)に全く会えないでいると不平を漏らしました。これは暗に皇太子に対する批判を意味するものと捉えられます。そして彼が継承権を放棄して雅子と愛子と一緒に一般人として暮らしはじめるよう勧めるべきではないかということになります。

それから、秋篠宮が皇太子になると皇統を繋ぐ直系ラインが復活します。このような声は静かに東京の中心(皇居)の陰に隠れています。この白い髪をした皇子は数々の名誉職の仕事に専念しており そうでなければ宮殿で一般人のようなこともしています。 秋篠宮はビートルズのファンであることを打ち明けており 関東でもトップ10の腕前を持つテニスプレイヤーであり また日本の伝統的芸術である有栖川流書道を習得しています。




今さら言うまでもないことかもしれませんが、

日本ではほとんど報道されていません。
だから、国民のほとんどがよく知らないと思います。


日本の皇室は世界中から注目され、尊敬を集めています。
日本人の皆さん、誇りを持ちましょう。



また、オーストリア紙は皇室の問題点まできちんと理解してくれています。
日本でも、こういう報道がちゃんとなされれば、
愛子天皇だの雅子さまのために皇室を変えようだのという話は絶対に出てこないはずです。
正しい報道がいかに大切で、歪んだ報道がいかに恐ろしいか。
皆さんなら、すでに実感なさっていると思います。


日本と日本人の名誉のためにご尽力くださっている秋篠宮ご一家は、
他ならぬ日本人の手でお守りしていきましょう。

ブログ始めました

ごあいさつ

当サイト「初心者のための『国民が知らない反日の実態』」はシンプルさをモットーとしております。
そのため、本家と違って最新情報を常にお届けすることはできません。
ごちゃごちゃするからです。

そこで、ブログという形で管理人が得た最新情報を、簡単な説明や感想を添えてお届けしたいと思います。
ちょっと「本家のまとめ」とは逸脱してしまいますが、あくまでも「一閲覧者による個人サイト」と謳っておりますので、何卒ご理解の程、よろしくお願いします。

なぜ、本家の編集という形で情報を伝えないのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

理由は、今のところ一人で更新しているこちらのほうが自由にできるからです。
しかしながら、本家の編集にもほんのり関わったことはございますので、今後も本家編集にも参加させていただく可能性もあります。

毎日更新をお約束することはできませんが(管理人も生身の人間ですので)、できるだけ頑張ります。

テーマ : お知らせ、その他。 - ジャンル : その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。