スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民が知らない日本国首相への酷評

一人の首相が長年続く日本の信頼を突き落とす!?

鳩山首相が「最大の敗者」「不運で愚か」とワシントン・ポスト紙が酷評(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100415/plc1004150109000-n1.htm

【ワシントン=佐々木類】米紙ワシントン・ポストは14日付で、核安全保障サミットで最大の敗者は日本の鳩山由紀夫首相だと報じた。最大の勝者は約1時間半にわたり首脳会談を行った中国の胡錦濤国家主席とした。鳩山首相について同紙は、

「不運で愚かな日本の首相」

と紹介。「鳩山首相はオバマ大統領に2度にわたり、米軍普天間飛行場問題で解決を約束したが、まったくあてにならない」とし、「鳩山さん、あなたは同盟国の首相ではなかったか。核の傘をお忘れか。その上で、まだトヨタを買えというのか。鳩山首相を相手にしたのは、胡主席だけだ」と皮肉った。

--------------------

いくらなんでも、「愚か」とはひどい。
しかし、そう言わざるを得ないというこの状況のほうがもっとひどいです。
鳩山首相はいったいどこまで日本の信頼度を下げ、国益を損失させれば気が済むのでしょうか。

--------------------

本音…!?

普天間「大統領は大統領の立場で関心」13日の鳩山首相(asahi.com(朝日新聞社))
http://www.asahi.com/politics/update/0413/TKY201004130346_01.html

obama_hato_dinner.jpg

(前半略)

――大統領の発言は差し控えたいということだったが、感触としてはいかがだったか。

 「感触も申し上げられません。えへ。言葉を全部読まれますから。感触として当然5月末までにそれぞれの立場がありますから、その立場の中で、私どもが移設先をしっかり決めていくということに対しては、当然のことながら、大統領は大統領の立場で関心を持ってみていただけると思っております」

 ――5月までに決着という意味は、日米両政府で合意したいということか、日本政府案を提示するという意味なのか。

 「決着というのは当然、アメリカ側と接触しないと決着ということになりません」

 (秘書官「よろしいですか。あと1問でお願いします」)

 ――移設案について一部を県外に出したいとか、具体的な内容については説明したか。徳之島の件とか、(キャンプ・シュワブ)陸上案とか。

 「具体的な地名を私から一切出しておりません」

 ――県外移設についてはおっしゃったか。

 「私が申し上げたのは、沖縄の負担というものを軽減するということ。それがある意味で日米同盟というものを持続的に撤回(ママ)させていく、発展させていくためにも必要なことだということは申し上げました」

 (秘書官「ありがとうございました」)

--------------------

>日米同盟というものを持続的に撤回(ママ)させていく

言い間違えだと信じたい気持ちでいっぱいですが、動画↓を見た感じですと、何だか本気で言っているように見えるのです。

http://www.news24.jp/articles/2010/04/13/04157296.html(日テレNEWS24)←動画あり

同盟国でありながら、首脳会談の時間も設けてもらえない。
10分間の非公式会談は、一人の「愚か」な首相のために貶められる日本国民への、せめてもの同情なのでしょうか。

両陛下とオバマ大統領
オバマ大統領は「日本国」を蔑視しているわけではないと思うのですけどね。


「民主党擁護」と言われるマスコミの世論調査ですら支持率2割、もうほとんどの国民が民主党や鳩山政権のおかしさに気づいていることと思います。国防に穴を空ける「普天間問題」、外国へのバラマキが懸念される「子ども手当て」、主権侵害・内政干渉につながる「外国人参政権」、民主党政権の問題は挙げればキリがありません。また、どの問題も国を根っこから破壊する力を持つ、爆弾のような問題です。つい先日までは「”政治とカネ”ばかりに注目しないで政策を見よ!」などというトンチンカンな論調が一般的でしたが、いかがでしょうか?政策を見てみると、カネの問題など小さく見えてきてしまうほど、重大な失策ばかりではありませんか。

麻生自民党政権の「問題」とは何だったでしょうか?
「漢字読み違い」、「バー通い」、「カップめんの値段間違い」、「ホッケの煮付け」…。
これが国防、経済、社会にどのような損失を生みましたか?
アメリカにそっぽを向かれましたか?中国にバカにされましたか?

おそらく、こんなことはもうほとんどの人が分かってきていることだと思います。まだ、参院選で挽回できます。今一度、どちらが日本の政治に必要か、いえ、どちらの方が害悪かでも良いでしょう、よくよく考えてみましょう。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

国民が知らない麻生政権のスッゴイ景気対策

政府の景気対策で日本経済回復

参考:
「新世紀のビッグブラザーへ」さん 作家 三橋貴明氏のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/30151882.html
(↑経済初心者さんにオススメ!
携帯からは→こちら<http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/>)

------------
■エコカー減税で追い風を受ける自動車業界

7月新車販売:エコカー効果 台数回復…前年並み水準に(毎日.jp)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090804k0000m020073000c.html

日本自動車販売協会連合会(自販連)が3日発表した7月の新車販売実績によると、軽自動車を除く乗用車の販売台数は前年同月比0.6%減の26万6173台となり、ほぼ前年並みの水準まで回復した。政府のエコカー減税や新車買い替え補助制度でトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が、既に25万台以上の受注を集めるなどエコカーブームが背景にある。

 プリウスを含む3ナンバーの普通乗用車に限れば、7月の販売は同0.5%増の11万8539台と、6月の同9.0%減から大きく改善し、08年7月以来、1年ぶりにプラスに転じた。一方、乗用車とトラック・バスに軽自動車を合わせた7月の新車の総販売台数は同5.2%減の43万962台と12カ月連続の前年実績割れだったが、減少率は前月(6月)の同14.5%減から大きく縮小した。

 7月の新車販売(軽自動車を除く)をメーカー別で見ると、ホンダが同8.9%増の4万4048台と4カ月連続で前年実績を上回った。2月発売のHV「インサイト」の売れ行きが引き続き堅調な上、ミニバン「フリード」なども好調だった。一方、プリウスが絶好調のトヨタは同3.0%減の13万5535台と、減少幅が前月(同11.4%減)から大きく縮小。トヨタは「8月にはプラスに転じる見通し」(幹部)としている

 4月以降、減税対象車種を増やした日産自動車も同1.0%減の4万9575台と前月に比べて減少率を約20ポイント縮める急回復ぶり。自販連は「エコカー減税や新車買い替え補助など政策効果がようやく表れてきた」と、新車市場の本格回復を期待する。一方、軽自動車の7月の新車販売台数は同7.2%減の14万1035台と9カ月連続で前年実績を割り込んだ。【大久保渉】

------------

■早くも不況を脱しつつある日本経済

『GDP4.2%増予測 4?6月期実質年率 民間13社平均 5期ぶりプラス (日本経済新聞 2009年8月2日)

 4?6月期の実質国内総生産(GDP)が、5期ぶりにプラスに転じるとの見方が定着してきた。民間調査機関13社による予測平均は前期比年率で4.2%増。リーマン・ショック後に戦後最大のマイナス成長を記録した景気の落ち込みは、ようやく最悪期を脱しそうだ。(後略)』

------------

■定額給付金を独自に生かす市町村

北山村:無料で火災警報器設置 定額給付金じゃばらセール収益で村内全戸に /和歌山(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000156-mailo-l30

高齢化率が県内最高の北山村は、今春に実施した特産柑橘(かんきつ)「じゃばら」商品の定額給付金特別セールの収益を使い、村内全戸に住宅用火災警報器1台を無料で設置することを決めた。
 人口507人、うち65歳以上は238人で高齢化率は46・94%(6月末現在)。村によると、消防法の改正ですべての住宅に火災警報器の設置が義務付けられたが、11年5月末までの設置義務については認知度が低いうえ、普及していないのが実情。このため、いっそ無料で設置することにした。
 財源には、じゃばら直売所「村販売センター」が実施した商品特別セールの売り上げを充てた。定額給付金を支給した村民の消費拡大を狙って「給付金は地元で使って」と、果汁やドリンクなどのじゃばら商品を3割引きで販売。3月6?31日の期間中に、前年同期の約130万円を大きく上回る約690万円を売り上げた。
 警報器は煙式タイプで1台3000円。村の委託を受けた消防団員が配布。高齢者だけの世帯には取り扱い方法を説明し希望があれば取り付け作業をする。
 村は「高齢者世帯の安全確保を最優先に無料化に踏み切った。定額給付金を全国で2番目の早さで給付したこともあり、じゃばら商品の売り上げが例年の約5倍もあった。ありがたい」と話した。【神門稔】

--------------

政府の景気対策はあれほどマスコミや野党に批判されていましたが、実際に収益の上がった企業があり、また市町村で独自の活かし方を考えているところもあるようです。

やはり、日本の一般国民はマスコミや野党よりもずっと頭が良く、前向きなのかもしれません。
「景気が悪いぞ!日本の未来は暗いぞ!日本経済は終わりだ!」と嘆くだけでは、何も解決しません。批判ばかりしていても、何も変わりません。
大切なのは、実行力です。
「どうなってほしいのか」ではなく、「どうすればよいのか」が、世の中を変えていくのです。

--------------

■いっぽう、民主党の対応


民主党は、政府の補正予算を「選挙向けのバラマキだ!」などと言って批判し、なかなか賛成してくれませんでした。

しかし、政府の景気対策は確実に効果が出ています。
今、政府の補正予算を批判できる人はいるのでしょうか。
批判するのならば、ではどうすべきだったのか、きちんと言える人はいるのでしょうか。


子ども手当、補正を凍結し財源に…民主方針(読売新聞)

民主党の直嶋政調会長は2日のNHK番組で、政権公約(マニフェスト)に盛り込んだ「子ども手当」などに関し、初年度分に必要な財源には2009年度補正予算の執行を一部凍結して充てる考えを示した。

 直嶋氏は09年度補正予算にある46の基金に触れ、「不要なものも出てくる。そうしたものを含め、当面の財源にしたい」と述べた。

 10年度予算案については「今の経済情勢だから、当然、越年予算は考えていない。年内に編成したい」と表明。政権公約では首相直属の「国家戦略局」を設け、予算案の骨格を策定するとしているが、直嶋氏は「いきなり法律を出して国家戦略局を作ってやるか、当面は別の方法でやるか、両様あり得る」と語った。

 一方、自民党の林芳正政調会長特別補佐(経済財政相)は同番組で「民主党は配偶者控除、扶養控除をやめて手当にするというが、たくさん集めて、たくさん配るという大きな政府への一歩だ」などと批判した。


>初年度分に必要な財源には2009年度補正予算の執行を一部凍結して充てる考え

naniwo.jpg
--------------------

確実に効果の現れている現政府の補正予算凍結するそうです。
自分たちに都合の悪いものは、たとえそれが国民にとって良いものであっても、潰す。
やはり、「政策より政局」なのでしょう。


民主党売国政策

画像:「ねぇ知ってたぁ?」さんより

「こども手当て」や「高速道路無料化」の財源も示せないのに、
こういった捏造歴史に対する賠償に充てるお金は
どこから抽出するのでしょう。
そして、それは誰のためなのでしょう。


良識ある日本国民の皆さん。


自民党と、民主党



どちらを選びますか?


ランキング登録してみました↓
よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。