スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民が知らない中川昭一元財務・金融担当大臣

突然の訃報・中川昭一元財務・金融担当大臣

中川昭一

【中川昭一氏死去】遺族は弔問客に死因は「急性心筋梗塞」と説明(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091005/stt0910050029002-n1.htm

中川昭一元財務・金融相(56)が4日朝、東京都世田谷区の自宅ベッドで死亡しているのが見つかった。警視庁世田谷署によると、目立った外傷はなく、遺書は見つかっていない。ベッドには嘔吐(おうと)の形跡があった。同署は事件の可能性は低いとみて死因などを調べている。

 同署によると、同日朝、妻がベッド上でうつぶせになっている中川氏を発見、119番通報した。すでに死亡しており、病院には搬送されなかった。

 行政解剖したが死因は不明。死後10時間前後が経過していた。家族は「睡眠薬を服用していた」と説明しているといい、室内には病院処方の睡眠薬とみられる錠剤があった。

 弔問客によると、遺族側は死因を「急性心筋梗塞(こうそく)」と説明しているという。

 中川氏は東京生まれ。東大法学部から日本興業銀行を経て昭和58年、急死した父・中川一郎元農水相を継ぎ、30歳で衆院議員に初当選。平成10年に小渕内閣の農水相で初入閣。経済産業相、自民党政調会長を務めた。

 農政通で知られ、戦後レジーム(体制)からの脱却路線の継承をうたう「真・保守政策研究会」会長を歴任するなど、保守派の政治家として知られていた。

 14年の小泉純一郎首相(当時)初訪朝時には、超党派の「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」(拉致議連)会長などとして拉致被害者の救出活動に尽力した。

 昨年の麻生太郎首相(当時)の誕生では中心的役割を果たし、財務・金融相に就任。だが今年2月には、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の記者会見に朦朧(もうろう)状態で臨み、辞任に追い込まれ、8月の衆院選で初めて落選。個人事務所の移転と秘書の整理を決めたばかりだった。

--------------------
■中川氏を悼む人々

(記事はすべてMSN産経ニュースより)

【中川昭一氏死去】安倍氏「本当、本当に残念」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091005/stt0910050002000-n1.htm

 中川昭一元財務相の突然の訃報に、政界には衝撃が走った。先の衆院選での自らの落選と自民党惨敗を受けて、再起と保守再生に向けた活動を期待されていただけに、東京・世田谷の自宅に駆け付けた自民党幹部ら弔問客からは「残念でならない」との声が続いた。

 中川氏の盟友だった麻生太郎前首相は4日夕、地元・福岡から急遽(きゆうきよ)帰京。羽田空港で記者団を前に「すごいショックだ。保守の理念を再生するのに最も期待されていた人物だ。自民党にとっても大きいダメージだ」と硬い表情で語った。

 麻生氏はリーマン・ショック後の経済対策での中川氏の功績を称えると、慌ただしく弔問に向かった。

 弔問を終えた安倍晋三元首相は「本当、本当に残念だ。昭一さんを失ったことは大きな損失だ」と辛そうに語った。

 10日前の電話が中川氏の最後の会話だったと話す安倍氏。「元気そうで『保守再生のために安倍ちゃん、がんばろう』と言っていたのだが…」。安倍氏は対面した遺体に「安らかにお眠りください」と語りかけるのがやっとだったという。

 自民党の谷垣禎一(さだかず)総裁は、「こんな知らせを聞くとは思っていなかった。日本の政治にも力を発揮していただかなくてはならない局面が必ずあったはずだ」と早過ぎる死を悼んだ。

 谷津義男元農水相は、10日ほど前に話したときに中川氏が「農政は民主党批判だけではダメ。現場の声を聞きながら勉強しなきゃ」と意気軒昂だったと故人を偲んだ。また、遺体の様子について「以前見た寝顔とまったく同じ表情だった」と安らかな表情だったことを説明した。

拉致問題などで行動をともにした平沼赳夫元経済産業相(無所属)は「衆院選後も将来を語り合った。捲(けん)土(ど)重来を期す、と大変張り切り、新しい、正しい保守の流れを作ろうと意気投合していたのに」と肩を落とした。

 一方、鳩山由紀夫首相は4日、「突然のことで大変驚いた。同じ北海道の国会議員として残念。ご遺族に深くお悔やみを申し上げる。心からのご冥福をお祈りする」とコメントした。

 中川氏の父親、一郎氏の秘書だった新党大地の鈴木宗男代表は、札幌市内で記者団に対し、「一段落したら激励会でもしようと思っていた矢先だった。こういう別れ方をするのなら、話すことがたくさんあった」と涙をみせた。

--------------------

【中川昭一氏死去】拉致被害者家族ら「強い力を失った」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091004/crm0910042121027-n1.htm

拉致議連会長を務めるなど拉致問題に熱心に取り組んできた中川昭一氏。拉致被害者家族らの信頼がとりわけ厚かった。家族らからは「強い力を失った」と落胆の声が漏れた。

 横田めぐみさん=拉致当時(13)=の父、滋さん(76)は、9月中旬に中川氏から選挙落選について「力及ばず申し訳ない」とわびる手紙を受け取っていた。

 直筆で便箋(びんせん)1ページ半。「拉致問題は引き続きやっていきたい。またお目にかかれることを楽しみにしています」と書かれていた。「非常に活動に貢献してくれた。『励ます会』をしようと話していたのですが…」と滋さん。

 増元るみ子さん=拉致当時(24)=の弟で家族会事務局長の増元照明さん(53)は「涙を流す政治家に初めて会った。情の深い方だった」と話す。平成14年10月に拉致議連会長に就任したばかりの中川氏と会食した際、「『議連に何をしてほしいか』と熱心に聞いてくれた姿が印象的だった」と話す。

 中川氏の自宅に招かれた際には、父、一郎さんの位牌(いはい)の前で涙を流しながら拉致問題解決を誓った姿を目にしたという。

 田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄で家族会会長の飯塚繁雄さん(71)は「議員として一番早く拉致問題に取り組んでいただいた。強い力を失ったという感じで、非常に悔やまれる」と悼んだ。

 家族会は4日、支援組織「救う会」と運動方針などを決める会議で全国から集まっていたため、冒頭で中川氏に黙とうをささげた。

 ジャーナリストの櫻井よしこさんは「中川氏の原点には『国民を守れずに国家が守れるか』という思いがあった。北朝鮮に妥協せずに圧力をかけたうえでの対話の重要性をきちんと認識していた数少ない政治家だった。拉致問題とのかかわりをひけらかす政治家もいるなかで、忙しくても拉致に関係する大きな会合には必ず出席してくださった」と振り返った。

 元衆院議員、米田建三帝京平成大学教授は、平成13年に金正日氏の長男、正男氏が成田空港で身柄拘束された時のことを思いだす。「中川氏が何人かの政治家を集め『政府の対応がおかしい。拉致解決に向けた交渉の道具にするべきだ』と対策を協議した。彼の拉致への取り組みは信念に基づいていた」と語った。

--------------------

【中川昭一氏死去】「おれより先に逝くなよ」遺影に支援者 地元・帯広で
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091005/stt0910051733011-n1.htm

中川昭一元財務相が東京の自宅で死亡しているのが発見されてから一夜明けた5日、北海道帯広市の中川氏の地元事務所前には献花台が設けられ、支援者らが弔問に訪れた。涙を流しながら手を合わせる人や「おれより先に逝くなよ、昭ちゃん」と遺影に語り掛ける男性も。16日には同市内のホテルで「しのぶ会」も行われる。

 中川氏の初出馬以来、応援してきたという同市の会社員、遠藤武一さん(63)は弔問後「中川さんが30、40代のころ、毎年一緒にサッカーをした思い出があり、残念で仕方がない」と振り返った。

 旅行で近くの温泉に来ていて、追悼のため事務所を訪れた道内出身で神奈川県横須賀市の主婦、安部勝江さん(66)は「家族で応援していたから、悲報を聞いてショックだった」と肩を落とした。

--------------------

仲良し麻生中川コンビ

【中川昭一氏死去】「大変ショック、自民再建の大事な人材だった」麻生前首相
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091004/stt0910041301004-n1.htm

中川昭一元財務相の死去を受けて、麻生太郎前首相は4日、「自民再建の大事な人材だった。言葉にならないショックだ」とのコメントを発表した。

 この中で麻生前首相は「非常に大きなショックを受けている。自民党の再建に向けて、次の世代を担う大事な人材だった。衆院選の結果を厳粛に受け止めて、再起を期すことを期待していた矢先だった。麻生政権では、財務・金融担当相として、世界の金融危機への対応に卓越した力を発揮して、内閣を支えていただいた。今は、言葉にならない位にショックを受けており、慎んでお悔やみ申し上げます」とした。

 また、自民党伊吹派会長の伊吹文明元財務相は4日、「中川先生は同期当選でもあり、年齢的にもこれからの政治家であっただけに、日本のためにも残念です。詳しいことが分からないので、これ以上のコメントは現時点では差し控えますが、ご家族にお悔やみ申し上げ、心からご冥福をお祈りいたします」とするコメントを発表した。

--------------------

■知られざる中川氏の功績

「日本が好きなだけなんだよ」さんより

・中川氏は、農林水産大臣としてポジティブリストを導入し、中国等から無差別に輸入される毒菜に一定の歯止めをかけた

・中川氏は、財務大臣として金融援助をIMFに一本化し、韓国やアイスランドなどから申し込まれた二国間融資は全て断った

(引用者注:IMFを介した援助は絶対に返してもらえる一方、二国間融資は踏み倒される危険がある)

・中川氏は、政調会長として、自民党内の人権擁護法案推進派の意見を断固として撥ね付けていた

・中川氏は、拉致問題に早くから取り組んできた政治家の一人であり、拉致議連の会長もつとめた。

・中川氏は、経済産業大臣の時、親中派の二階俊博が打ち出した「東アジアEPA(経済連携協定)」構想に異議を唱えた。

・中川氏は、毎年靖国神社に参拝することも欠かさない。

・中川氏は、非核三原則の堅持は当然”としながらも日本の核武装の是非について繰り返し“論議すべし”と言及した

(引用者注:これによって震え上がったライス氏が慌てて来日)

・中川氏は、日教組に対し「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」「(デモという)下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許剥奪だ」と、その活動を強く批判している。

・中川氏は、官憲(役人、特に警察関係)による慰安婦募集の強制性を認めた1993年の「河野談話について早期に見直しを検討・すべきだとの考えを示した。

・中川氏は、中国の脅威に対抗するために、インドやオーストラリアとの連携を促進するための議員連盟「価値観外交を推進する議員の会」の旗揚げに貢献した。

・中川の勉強熱心は有名で、官僚にとっては渡した原稿をそのまま読んでくれない、扱いにくい大臣だったとのこと。

--------------------

参考:本家「国民が知らない反日の実態」

中川昭一の真実

中川昭一辞任の裏側

--------------------

■中川昭一氏へ感謝の気持ちを伝えたい方へ


中川昭一氏へ供花を。
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1254633378/

--------------------

中川昭一さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

本当にありがとうございました。

貴方のご意志は必ず私たちが引き継いでゆくと約束いたします。


スポンサーサイト

国民が知らない核武装論議の兆し

核シェアリングもあり?日米「核の傘」協議

「核の傘」日米協議へ、月内にも初会合(YOMIURI ONLINE 読売新聞)

【ワシントン=飯塚恵子】日米両政府は7日、米国の「核の傘」を巡る両国の協議の場を初めて正式に設け、月内にも初会合を開く方向で検討を始めた。

 複数の日米関係筋が明らかにした。外務、防衛両省と米国務省、国防総省の局次長・審議官級の枠組みとする方向で、協議では、有事の際の核兵器の具体的な運用に関して日本側が説明を受け、オバマ大統領が目指す大幅な核軍縮と核抑止の整合性などを話し合う。

 日本に対する「核の傘」は、日米安全保障条約に基づき、米国が保有する核兵器によって日本に対する第三国からの核攻撃を抑止する仕組みだ。米国は、同様の仕組みを持つ北大西洋条約機構(NATO)諸国とは、有事の際の核兵器の運用や手順などの具体的な情報を共有している。

 これに対し、唯一の被爆国である日本では、国民に核兵器への抵抗感が強く、運用について協議すれば、野党などから強い反発が出る状況だった。また、米側には日本の機密漏洩(ろうえい)への懸念も根強く、日米間ではほとんど議題に上らなかった。

 しかし、北朝鮮が5月に2回目の核実験を行い、中国も核戦力の近代化を進めるなど、東アジアの安全保障環境は不安定さを増している。米韓両国は6月、米国による「核の傘」の韓国への提供を明記する首脳合意文書を交わした。日本政府でも「核の傘」の有用性を再確認し、米側から運用の具体的説明を受けるべきだとの声が高まっていた。

 一方、米側では、オバマ大統領が4月、究極の目標として「核兵器のない世界」を目指す考えを表明した。今月6日のロシアとの協議では、12月に失効する第1次戦略兵器削減条約(START1)に代わる新たな取り組みとして、核弾頭配備数を双方が最低レベルで1500個まで大幅削減することで合意した。

 新方針は、オバマ政権が12月にまとめる、米史上3回目の「核戦力体制見直し(NPR)」に反映される予定だ。日本としてはこの時期までに、有事に備えた「日米共同作戦計画」に核兵器使用がどう組み込まれているかなど運用について説明を受けたうえで、日本側の要望を伝える考えだ。NPRの全容は非公開で、協議内容も基本的には公表されない見通しだ。

------

>運用について協議すれば、野党などから強い反発が出る状況

そもそも、日本は核武装や核兵器使用について、議論しただけで叩かれるという、異常な状態が続いています。何も、議論すればただちに核兵器使用を断行するわけではありません。

>唯一の被爆国である日本では、国民に核兵器への抵抗感が強く

こうした、日本人の核アレルギーも、国防論の妨げとなっています。

おそらく「日本は軍事力を上げると暴走して戦争を起こすぞ!」という、いわゆる自虐史観によるものでしょう。核兵器なんて持とうものなら、外国に向けて次々と乱射し、世界中の国々と戦争となり、自分たちが撃ち殺される…。

そういう妄想に繋がってしまうのだと思います。

しかし、北朝鮮のように外国に対して軍事的な威圧行為に出れば、世界中から最上級の非難を浴びます。それは、日本にとって何のメリットもありません。何の金儲けにもなりません。つまり、今の日本が実際に武器を行使することはないのです。

では、なぜ核武装が必要なのかと言えば、それはどこかを攻撃するためではありません。

どこからも、攻撃を受けないためなのです。

一体、核保有国を攻撃する命知らずな国など、世界のどこにあるのでしょう。核を持っているというだけで、誰も怖くて手を出せないのです。

北朝鮮が日本や韓国ばかりを狙うのは、両国が核兵器をもっていない、弱い国だからです。

アメリカや中国を狙わないのは、両国が核兵器をもっている、怖い国だからです。

しかし、今から日本が独自に核を開発し、保有することは難しいです。技術面、資金面では他のどの国よりも優位にありますが、国内外からの激しい反発が容易に予想されます。

この記事にある議論は、簡単にまとめて言うと有事の際にアメリカの核を利用するということです。核シェアリングも考えられます。

もちろん実際に使うというよりは、北朝鮮を始めとする日本にとって脅威となる国に対して「日本に攻撃するとアメリカの核が飛んでくるぞ!」というメッセージを発信する目的もあるのだと思われます。

実際、現時点でも本当はそういうことになっているのですが、いかんせん(マスコミ製の)国内世論や野党が「核武装は絶対ダメ!日本は無防備でいるべき!」などと騒ぐため、あってないような状態になっています。そもそも、アメリカという国も完全には信用できません。

ここで、「日本の背後にはアメリカの核があります」という姿勢と「日本はやられたらやり返します」という姿勢を世界中に見せつけておくべきです。


核武装国家日本を望むアメリカ

Fox News " We Need a Nuclear Japan " Columnist Charles Krauthammer ( Japanese subtitle )(Youtube動画)

nuclear_japan1.jpg
nuclear_japan2.jpg
nuclear_japan3.jpg
nuclear_japan4.jpg
nuclear_japan5.jpg

FOXは共和党系なので、この見解がアメリカ現政権(米民主党)とどこまで一致しているのかは分かりませんが、アメリカ国内では多くの人がこれを視聴しています。おそらくあまりにも突飛な意見は言えないはずです。

つまり、今のアメリカは必ずしも日本の核武装・国防強化に反対するとは限らないのです。アメリカはそろそろ、日本をいつまでも自分の属国としているよりも、独自に強くなってもらったほうが東アジア安定に繋がるということが分かってきたのかもしれません。北朝鮮や中国の核開発は、日本だけが脅威に感じているわけではありません。アメリカもヨーロッパも景気悪化が止まらない中、唯一経済回復の兆しを見せている日本が攻撃されれば、当然経済も混乱します。そうなれば、世界は終わりです。
さらに、もし日本が中国に飲み込まれてしまうと、日本の資金力や技術力を使って中国がますます膨張してしまいます。これは、世界のどの国にとっても絶対に避けたいことです。

大東亜戦争辺りの歴史をある程度分かっている方ならば、日本が強くあることこそ真の世界平和に繋がることを知っています。

もしかすると、夜明けが近づいているのかもしれませんが、ここで中国や朝鮮の奴隷である民主党が政権を取ってしまうと、こうした良い流れも逆流してしまいます。やはり、日本再生の要(かなめ)は私たち国民に他ならないのです。


日本再生のために、現政権を支えましょう。

実は、それこそが私たちに求められるチェンジなのです。


ランキング登録してみました↓
よろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

国民が知らない日本とインドの友好関係

インド総選挙 与党連合が圧勝 シン首相続投へ(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/090516/asi0905162355018-n1.htm

【ニューデリー=田北真樹子】7億人を超す世界最多の有権者を抱えるインドで16日、下院(定数545)選挙の開票が一斉に行われ、国民会議派率いる与党連合が約260議席を獲得して圧勝した。2004年から政権を担うマンモハン・シン首相(76)の続投は確実で、“ネール・ガンジー王朝”の後継者として選挙戦を勝利に導いたラフル・ガンジー国民会議派幹事長(38)も、将来の首相候補としての地位を不動のものとした。

 シン首相は同日、「われわれの政党に信頼を寄せてくれた国民に感謝する」と勝利宣言した。ラフル氏の新政権での処遇については「彼の入閣は私の希望でもあるが、彼を説得しなければならない」と語った。

(後略)



シン首相と日本の関係

インド、というともしかしたら、多くの日本人の中ではあまり存在感が濃いとは言えないのかもしれません。しかし、最近の日本とインドの関係は非常に良好と言えましょう。

----
日印首脳会談、安保共同宣言に署名(MSN産経ニュース)

日印安保・麻生首相とシン首相


麻生太郎首相は22日、首相官邸でインドのシン首相と会談し、安全保障分野の協力を強化する日印安全保障協力共同宣言に署名した。両国の外相、防衛相間の対話や、海上自衛隊とインド海軍の交流、テロ対策の協議などを進め、具体的な行動計画を早期に策定することで合意した。日本が、米国以外に安全保障分野でこうした協力関係を結ぶのはオーストラリアに次いで2例目となる。

(後略)

----
歴史の長さ、発展状況、軍事力、それらすべてが中国に並ぶ、アジアの大国インド。
そのインドと日本は、日本とアメリカとの関係と同じ強さで結ばれているのです。
この重要性について、産経が詳しく説明してくれています。

【主張】日印首脳会談 「最大の民主国」と連携を

日本が米国以外の国と安保協力を宣言するのは、日豪安保協力共同宣言(昨年3月)以来2カ国目だ。中国とともにアジアで台頭を続けるインドと戦略的重要性を認め合う意義がある。

 とくに首脳の年次訪問や外務・防衛・エネルギーの閣僚対話などの枠組みを通じ、シーレーンの安全、テロ対策、平和構築などの分野で恒常的な協力体制ができたことは今後の重要な成果だ。

 人口11億人のインドは「世界最大の民主主義国」とも呼ばれ、政治体制、文化、市場経済などの面でも日本人になじみやすい。同時に発表された共同声明は「基本的な価値と利益の共有」を掲げ、地域と世界で日印のグローバルな協力を促進するとしている。

(中略)

日印関係は2000年の森喜朗元首相訪印以後、3年前の小泉純一郎、昨年夏の安倍晋三の首相訪問(当時)を経て深まった。麻生首相も外相時代の「自由と繁栄の弧」構想などで日米同盟と豪印の4カ国の連携を志向してきた。

 日米、日豪、日印の連携は、アジア太平洋地域の平和、安全、繁栄をめざした重層的な協調と協力の輪がインド洋にも広がっていくことを意味するものだ。

 中国はこうした方向を警戒するかもしれないが、日印首脳は共同会見で「第三国を狙ったものではない」と強調している。中国も無用な疑念を持つことなく、むしろ民主主義国同士ならではの協調の広がりにならってほしい。

----

当サイトや本家『国民が知らない反日の実態』、またはこれらと同じ類の情報サイト、ブログ、書籍等をご覧の皆さんなら、中国や南北朝鮮の動向を常に警戒し、不安に思われていることでしょう。実際、とても危険な状態にあるのは確かです。しかしながら日本政府はちゃんと対策を考え、実行してきたのですね。
日印安保を宣言してくれたシン首相の続投とは、日本とインドが近年温めてきた友好関係が今後も変わらず続いていくということなのです。
非常に喜ばしいことです。



頼れる親日国・インド

博士の独り言様より

(前略)

ご存知の方は少なくないことと思うが、同国の世論調査では、好きな国の第1位が絶えず「日本」であった。また、同国の国会では、広島、長崎のそれぞれの原爆投下の日には黙祷が捧げられている。その所以は、どこにあるかといえば、先人の功績にある。日本は、インドにおける独立軍結成と独立政府の樹立を支援し、同国は、17世紀以来、200年にもわたる英国の植民地支配から脱したのであった。

(中略)

インドは、大切にすべき親日友好国であり、日本の生き証人でもある。また、特定国の軍拡脅威に歯止めをなし得る存在でもある。この信義と寛容を重んずる同国との友好を深め、共栄をなすことが、ひいては、アジアの真の安定と発展に寄与することは間違いない。どこかの国のメディアは、友好を強調する相手を間違ってはならないのである

(後略)


先人の功績』を表す事例:
インドで歌い継がれる日本兵を称える歌



『日本兵士を讃える歌』
一.
父祖の時代(とき)より今日の日まで
美しきマパオの村よ
いい知れぬ喜びと平和(やすらぎ)
永遠に忘れまし

美しきマパオの丘に
日本兵来り 戦えり
インパールの街目指して
願い果たせず
空しく去れり

二.
日本兵
マパオの丘に来る
それは四日の火曜日
一九四四年のことなりき
我は忘れじ四月のあの日

三.
罪無き民も散り散りに
西に東に追いやられ
再び神の恵み受け
集り住まん
この地マパオに

四.
広島の悲報
勇者の胸をつらぬき
涙して去れる
日本の兵士よ
なべて無事なる帰国を
われ祈りてやまず



貴重な親日国・インドと日本のさらなる友好のためにも、
ますます多くの日本人が正しい歴史を学ぶことが求められています。
日本のためだけではありません。

すべての親日国の名誉のためでもあるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。