スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民が知らない守るべき宝

■悠仁さまお誕生日 改めて皇室を考える

悠仁さま3歳に 活発に外遊び 表現も豊かに(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090906/imp0909061235001-n1.htm

悠仁さま3歳お写真
(写真は読売新聞より)

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁(ひさひと)さまは6日、3歳の誕生日を迎えられた。宮内庁によると、この一年も健やかに成長され、身長は約94センチ、体重は13・6キロ(4日現在)に。最近は、お姉さまの佳子さまのお下がりの三輪車に乗ったりボール遊びをしたりなど、男の子らしく屋外で活発に遊ばれているという。

 悠仁さまはこの1年間で、身長は6・5センチ伸び、体重は2・1キロも増えられた。食事や着替えなど、身の回りのことも少しずつご自身でできるようになられた。また、お出かけ先などでは、同年代の子供たちと遊ぶのをとても楽しまれている。

 言葉の発達も顕著で、この半年くらいで表現も豊かになられた。地図を見ながら「そこへ電車で行ってみたい」と話したり、ねじ回しや電化製品のスイッチなどを見て「これはどうするものですか」と質問されることもある。言葉遣いもとても丁寧で、初めて見た物について「これは何でしょうか」と尋ねられることもあるという。

 ご夫妻は、悠仁さまのことを「ゆうゆう」や「ゆうちゃん」、「悠仁くん」などと呼ばれ、悠仁さまはご夫妻を「お父さま」「お母さま」と呼ばれている。

 秋篠宮さまが週末などに植物の手入れをされるときには、小さなじょうろで水やりのお手伝いもされる。また、宮邸で栽培されているナスやトマト、ジャガイモなどの野菜の観察や収穫も楽しまれている。

 秋篠宮妃紀子さまは、悠仁さまが選ばれた絵本を一緒に読んだり歌を歌ったりして、ともに過ごす時間を大切にされている。お姉さまの眞子さま、佳子さまも学校が休みの日は、一緒に庭を走ったり、ボール遊びなどをされることもあるという。

--------------------

一つ前の記事とはうって変わって、心温まるニュースをお送りいたします。9月6日は秋篠宮家ご長男・悠仁親王殿下のお誕生日です。この時期の子どもは、どのご家庭のお子さんも可愛い盛りですが、日本国民団結の象徴である皇室のお子様のお元気な笑顔はまた格別です。

こういうことを言うとやれ「右翼」だの「軍国主義者」だのと言う人がいますが、分かって言っている某国の人間はさておき、日本国民がそのようなことを言うのは嘆かわしいことです。

別に「天皇陛下を敬え!ひれ伏せ!命を捧げろ!」などと言っているのではありません。そういう極端なことを言う人がいたら、彼らはむしろ皇室や保守派の人たちのイメージを貶めようとするエセ右翼の可能性があります。

簡単なことです。
自国の君主を敬い、大切に守ることは当たり前のことであり、
世界の常識です。
国王のいらっしゃる国の国民は、ほとんどの方が自分たちの王室を誇りに思っています。
なぜなら、王室や皇室は国家の文化や伝統の真髄であり、国民(民族)が長い時間をかけて作り上げ、守ってきたかけがえのない宝物だからです。イギリスだってタイだって、国王は一般国民どころか政治家とも一線を画す、特別な存在とされています。

日本にいたっては、天皇は現存する世界最古・最長・唯一の皇帝(Emperor)なのですから、非常に貴重な存在です。あえて失礼な言い方をすれば、本来なら世界中の人に自慢して回ってもよいくらいなのです。もっとも、そういうことをわざわざひけらかさないのが、日本国民の良いところなのですが…。

また、自国の君主を敬える人は、他国の君主も尊重します。自国を愛する人は、他国のことも大切にします。

------------------
国民が知らない秋篠宮ご夫妻欧州ご訪問(過去記事より)
http://support5482.blog66.fc2.com/blog-entry-2.html

「日本が好きなだけなんだよ」様より

世界中で連日報道される秋篠宮両殿下の欧州御訪問

YAHOO NEWS
http://news.yahoo.com/s/afp/20090511/wl_asia_afp/austriajapanroyalsdiplomacy

MSN NEWS
http://news.id.msn.com/regional/article.aspx?cp-documentid=3299814

FRANCE24(フランス)
http://www.france24.com/en/20090513-japanese-royals-arrive-visit-bulgaria

Bangkok Post(タイ)
http://www.bangkokpost.com/news/asia/143214/japanese-royals-arrive-for-visit-to-bulgaria

weyak(UAE)
http://www.weyak.ae/channels/news/article/view/lang/en/type/asia/id/1988265

--------------------
先にもご紹介した通り、皇族の欧州ご訪問のニュースが、当事国だけでなく、いや欧州だけですらなく、世界中で流れているのです。世界の人々にとって、どれだけ日本の皇室が重要な存在か、お分かりいただけると思います。とても光栄で、ありがたいことです。


■国歌「君が代」を自然に愛する日本人

日本には「君が代は天皇崇拝の歌で民主主義国にふさわしくない!」と言う人がいますが、例えば、女王陛下の治めるイギリス王国の国歌も「God Save the Queen」であり、女王陛下を敬う歌です。イギリスは、軍国主義国家でしょうか。人権無視の、絶対王政でしょうか。違いますね。

ちなみに、「君が代は軍歌だ!!」というようなことを言う人もいますが、フランスなど王室のない国には結構勇ましい国歌が多く、むしろこちらのほうがよっぽど軍歌っぽいです。「君が代」の歌詞に「武器を取れ!」とか「敵を殺せ!」のような言葉は出てくるでしょうか。「平和な世がずっと続きますように」という、極めて穏やかな文言しか登場しませんね。

「君が代」を歌った有名人の皆さん↓
「君が代」歌う著名人たち
民主党の支持母体、日教組は「君が代」斉唱を「思想の強制だ!!」と主張しますが、日本人も外国人も、自ら喜んで歌う人がたくさんいるのです。むしろ、国歌を拒絶するほうが少数派であり、異常なのです。

先に書きましたように、「君が代」は極めて平和的な歌です。そもそも普通の人が嫌う要素がありません。日本人の多くは平和主義者ですから、このような歌を国歌として歌うことに、何の抵抗もないはずです。


■国旗「日の丸」は日本の象徴

両陛下リトアニアご到着
http://www.youtube.com/watch?v=iTrIhEFO37o
天皇皇后両陛下のご到着時、日の丸を振って歓迎してくれるリトアニア国民の皆さん。リトアニア国旗と一緒に振ってくれている人もいます。リトアニア国民が、国を挙げて日本の天皇陛下のご訪問を喜んでくれているのが伝わってきます。

日の丸背負う英雄たち
日本を代表するスポーツ選手たちは、日の丸を掲げて勝利を喜びます。観客たちも、日の丸を振って応援します。これはどこの国でも同じことです。

スポーツ観戦をしていると、こういうときこそ、日本国民が一体となっているのが伝わり、嬉しくなりますね。一人の選手を国を挙げて応援し、一人の選手が国を背負って戦い、一人の選手の健闘を国を挙げて称えるのです。国旗は国歌や皇室同様、日本国民統合の大切な印なのです。


ところが、今度政権を獲得した日本の民主党は、その「日の丸」を、あろうことか切り裂いてしまいました
国を守る立場にあるはずの次期政権与党が、国の象徴を切り裂き、まともに謝罪もしません。外国でさえ、このような卑劣なことはとてもできないものです。事件の起こった鹿児島の民主党員は、日の丸を最初に掲げた島津斉彬公の像に土下座して謝ったそうですが、民主党幹部、特にその場に居合わせた小沢一郎氏や、代表の鳩山由紀夫氏からは、まったくそのような発言や行動が見えません。

もはや、政府は国家の敵となってしまいました。しかし、日本にはこれからもずっと守らなければならない大切なものがたくさんあります。これらの宝物を、悠仁さまが大人になり、無事に天皇となられるその日にも、変わらず残していかなければなりませんね。

スポンサーサイト

国民が知らない秋篠宮ご夫妻欧州ご訪問

最初の投稿らしく、まずは明るいニュースから。


日本・ドナウ交流年で、秋篠宮ご夫妻が欧州訪問(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090511/erp0905112229009-n1.htm

秋篠宮ご夫妻欧州訪問


秋篠宮ご夫妻は11日、欧州のドナウ川流域4カ国の最初の訪問国となるオーストリアのウィーンで、同国のフィッシャー大統領夫妻と会談された。

 日本と4カ国は国交樹立の節目の年に当たる今年を「日本・ドナウ交流年2009」と位置付け、日本側は秋篠宮さまが名誉総裁に就任。各国では趣向を凝らした日本紹介のイベントが開かれる。

 日本とオーストリアは国交樹立から140年を迎え、秋篠宮ご夫妻はこの日、ウィーン市内や郊外の修道院を訪問。12日は同国を代表する作曲家ハイドンが暮らした東部のアイゼンシュタットなどを訪れる。

 日本はハンガリーとも国交樹立140年、ルーマニアとブルガリアとは国交再開50年を迎え、ご夫妻は各国で大統領らと会談する。日本関連のイベントは、現代日本陶磁器展(9月・ハンガリー)や琉球舞踏公演(11月・ルーマニア)などが開かれる。(共同)



日本が好きなだけなんだよ様より

世界中で連日報道される秋篠宮両殿下の欧州御訪問

YAHOO NEWS
http://news.yahoo.com/s/afp/20090511/wl_asia_afp/austriajapanroyalsdiplomacy

MSN NEWS
http://news.id.msn.com/regional/article.aspx?cp-documentid=3299814

FRANCE24(フランス)
http://www.france24.com/en/20090513-japanese-royals-arrive-visit-bulgaria

Bangkok Post(タイ)
http://www.bangkokpost.com/news/asia/143214/japanese-royals-arrive-for-visit-to-bulgaria

weyak(UAE)
http://www.weyak.ae/channels/news/article/view/lang/en/type/asia/id/1988265



オーストリア日本年:秋篠宮ご夫妻ドナウ川の旅 Die Presse紙 (原文 ドイツ語)
http://diepresse.com/home/leben/mensch/477989/index.do?direct=478252&_vl_backlink=/home/politik/478252/index.do&selChannel=
同ブログ様より)

(日本語訳)
秋篠宮殿下と紀子妃殿下がウィーンを訪ねて来ました。秋篠宮殿下は天皇陛下の2番目の息子で皇位継承者第二位 日本との外交開設140年を記念する幅広い交流行事の名誉総裁です。オーストリア大統領ともお会いになり、また両殿下は小学校等様々なオーストリアの土地を訪問します。紀子様はドイツ語がとても流暢です。

"秋篠宮"とは文仁と教授の娘である紀子との結婚で独立した宮家で皇太子である徳仁に次ぐ地位であり皇室では重要な立場です。鳥類や爬虫類などの研究をしており、またその一方では将来の皇位継承者の誕生という重要な役割を果たしました。2006年の9月に継承順位第3位の子供として生まれた悠仁です。そしてこの子のいとこである皇太子の娘7歳になる愛子はこのポジションから押し出されることとなりました。

兄弟の関係はこの頃にはもうおかしくなっていたようです。秋篠宮は長く皇太子徳仁の立場をフォローしてきましたが皇太子は記者会見で妻の雅子の皇室におけるストレスについて 不満を訴えるというあるまじき行為をしてしまいました。皇太子の仕事とは天皇を支えることなのです。「このような話をする前に陛下と議論すべきではなかったのか」秋篠宮は珍しく上の立場にある兄を非難しました。

それ以後、皇居の外では密かにこのような考えが広まっています。皇太子一家は避けられない最低限の場合以外は両親の住居に近寄らなくなり 天皇は孫娘(愛子)に全く会えないでいると不平を漏らしました。これは暗に皇太子に対する批判を意味するものと捉えられます。そして彼が継承権を放棄して雅子と愛子と一緒に一般人として暮らしはじめるよう勧めるべきではないかということになります。

それから、秋篠宮が皇太子になると皇統を繋ぐ直系ラインが復活します。このような声は静かに東京の中心(皇居)の陰に隠れています。この白い髪をした皇子は数々の名誉職の仕事に専念しており そうでなければ宮殿で一般人のようなこともしています。 秋篠宮はビートルズのファンであることを打ち明けており 関東でもトップ10の腕前を持つテニスプレイヤーであり また日本の伝統的芸術である有栖川流書道を習得しています。




今さら言うまでもないことかもしれませんが、

日本ではほとんど報道されていません。
だから、国民のほとんどがよく知らないと思います。


日本の皇室は世界中から注目され、尊敬を集めています。
日本人の皆さん、誇りを持ちましょう。



また、オーストリア紙は皇室の問題点まできちんと理解してくれています。
日本でも、こういう報道がちゃんとなされれば、
愛子天皇だの雅子さまのために皇室を変えようだのという話は絶対に出てこないはずです。
正しい報道がいかに大切で、歪んだ報道がいかに恐ろしいか。
皆さんなら、すでに実感なさっていると思います。


日本と日本人の名誉のためにご尽力くださっている秋篠宮ご一家は、
他ならぬ日本人の手でお守りしていきましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。